ワインプレゼントにおすすめの選び方!ソムリエが教える喜ばれるコツ

おすすめ

こんにちはソムリエ田中です。ワインプレゼントで悩んだときに役立つ「ソムリエがおすすめする選び方」をご紹介します。

ワインをプレゼントするといっても、選び方を間違ってしまうと効果も半減。

より喜んでもらえるワインのプレゼントにするためにも、プロの選び方をぜひ参考にしてみてください。

ワインを「女性」へプレゼントする時におすすめの選び方

ワインを「女性」へプレゼントする時におすすめの選び方

ワインを女性へプレゼントする場合は「飲み慣れているか?」を探ったうえで決めるのがおすすめの選び方です。

ワイン初心者または飲み慣れていない女性の場合

ワイン初心者または飲み慣れていない女性の場合

ソムリエ田中がおすすめする選び方

✅ 発泡酒
シャンパーニュ(シャンパン)は初心者向けではなく「甘口スパークリングワイン」が女性に好まれやすいおすすめのチョイス。くれぐれもBrut(ブリュット:辛口)は選ばない方がベター。

甘口スパークリングワイン一覧

✅ 白ワイン
ドイツのリースリング種を使った甘口白ワインはマスカット風味で自然な甘さがあり、ワインが初めての女性へのプレゼントにはかなりおすすめ。

ドイツ甘口白ワイン一覧

また極甘口のスイーツにピッタリな「アイスワイン」もかなりおすすめで、普段購入しづらいワインとして希少価値もありほぼ確実に喜んでもらえること間違いなしです。

ソムリエ厳選アイスワインおすすめ「安い・白・赤」ランキング決定!
ソムリエ田中が厳選した「アイスワインおすすめ安い・白・赤ランキング」が決定したので紹介します。絶対にウマい!というアイスワインを購入したい場合は参考になると思います。またアイスワインにおすすめの飲み方やおつまみなども紹介します。

✅ ロゼワイン
ベリー系で華やかな色あいで女性にとても喜ばれるおすすめのジャンル。とくにフランスロワール川流域の甘口ロゼワインは初心者女性へのプレゼントにおすすめ。

ロワール川流域の甘口ロゼワイン

 Point  選び方のコツ

icon

初めてワインを飲むという女性には「甘口ワイン」がおすすめの選び方。

女性にとって辛い・苦い・酸っぱい・渋いというワインは飲みづらく感じてしまうため、これからワインを好きになってもらおう!という場合にはおすすめできません。

そこでおすすめの選び方が赤ワイン以外の「発泡酒・白・ロゼ」で、とくに「甘味」が際立ったワインをプレゼントすると喜ばれやすくなります。

発泡酒・白・ロゼ

また、ベタッとした砂糖のようなくどい甘さではなく、ブドウに備わる自然の甘さをしっかりと活かして生産された甘口ワインを選ぶことがポイント。

マスカットやベリー系の自然な甘さと香りが女性に好まれやすく、甘口で飲みやすいうえ飲んだあとスッキリとした爽やかさを伴うワインがとくにおすすめの選び方です。

それこそ「アイスワイン」は、ベストプレゼントともいえる完全一致するチョイス。

ワイン慣れしていない女性にとって甘口は、かなりの高確率で喜んでもらえるプレゼントになります。

ソムリエ厳選アイスワインおすすめ「安い・白・赤」ランキング決定!
ソムリエ田中が厳選した「アイスワインおすすめ安い・白・赤ランキング」が決定したので紹介します。絶対にウマい!というアイスワインを購入したい場合は参考になると思います。またアイスワインにおすすめの飲み方やおつまみなども紹介します。

ワインを飲み慣れている女性の場合

ワインを飲み慣れている女性の場合

ソムリエ田中がおすすめする選び方

✅ 発泡酒
シャンパーニュに分類される発泡酒は普段あまり購入しないジャンルでおすすめ。あまり高級すぎると遠慮されるので「ちょっと背伸びした価格帯」がベストチョイス。

手頃なシャンパーニュ一覧

✅ 白ワイン
ややランクの高いプルミエクリュやグランクリュなどがおすすめ。よく見かける白ワイン「シャブリ」でも1級や特級などハイクオリティは普段あまり見かける機会がなく喜ばれる。

シャブリプルミエクリュ一覧

✅ 赤ワイン
ボルドー地方グランクリュクラスの「セカンドラベル」がおすすめ。そこまで高級すぎずそれでいて希少価値が高くかなり喜ばれる。

隠れた逸品シャトーブリヤンのセカンドラベル

icon

 Point  選び方のコツ

icon

ワインを飲み慣れている女性へのプレゼントには、発泡酒・白・赤の中から「ふだん見かけないワイン」がおすすめの選び方。

発泡酒でいえばスパークリングワインではなくシャンパーニュを選んでみたり、白ワインや赤ワインは希少価値の高いプルミエクリュ(1級)クラス以上を選んでみたり。

ワインショップなどでもあまり見かけず、特別な日にしか購入しないワインをプレゼントに選ぶことで「わかってくれているんだ」という喜びを与えることができます。

特別な日にしか購入しないワイン

ただし相手にもよりますが高級すぎるワインをチョイスすると遠慮されたり返礼品(内祝い等)にも困るので、あくまでも「ちょっと手を伸ばせば届くレベル」のワインを選ぶのがおすすめです。

またあまり高級ワインになると、プレゼント後に熟成させるためのワインセラーなどの有無も関係きます。

したがってグランクリュ(特級)クラスではなく、せいぜいプルミエクリュ(1級)クラスまでに抑えておいた方がプレゼントとして何かとおすすめです。

ワインを「男性」へプレゼントする時におすすめの選び方

ワインを「男性」へプレゼントする時におすすめの選び方

つぎに男性へ向けたワインのプレゼントとして、場面ごとにおすすめの選び方をご紹介します。

昇進祝いの男性

昇進祝いの男性

ソムリエ田中がおすすめする選び方

✅ 発泡酒
ドンペリニヨン(通称ドンペリ)など頂点をめざすイメージがあるワインがおすすめ。とくに有名で耳にしたことのある名前のほうが喜ばれる。

ドンペリニヨン一覧

✅ 赤ワイン
飲み頃のグランクリュ(特級)クラスのワインがおすすめ。偉大という意味を込めて昇進した男性にはかなり喜ばれる。

グランクリュクラスの赤ワイン一覧

icon

 Point  選び方のコツ

icon

昇進祝いではとにかく「上に昇る」というイメージのワイン選びがおすすめで、この先も昇っていくことを願う意味においても高級ワインが最適。

また男性が好むワインの王道としてシャンパーニュまたは赤ワインが最適で、日ごろはあまりお目にかからないレベルのワインをチョイスすることで喜ばれやすいです。

シャンパーニュまたは赤ワイン

ただしプレゼント後すぐに楽しめるよう「飲み頃のワイン」をチョイスすることも重要。明らかにワインセラーを所持している場合を除いて熟成度合いがバッチリのワイン選びがポイントになります。

また既婚で奥さんがいらっしゃれば「お揃いのワイングラス」も添えるとより効果的。

きっと勤務している部署が、より明るくて仲のよい働きやすい雰囲気になること請け合いです。

資格取得祝いの場合

資格取得祝いの場合

ソムリエ田中がおすすめする選び方

好みと思われるワインであれば何でもOK。ただしその技術をさらに磨くという意味合いにおいて「ソムリエナイフ」を添えるのがおすすめ。

ソムリエナイフの王様「CHATEAU LAGUIOLE」一覧

icon

 Point  選び方のコツ

icon

ワイン自体の選び方としてはそこまで固執することはありませんが、普段あまり購入する機械の少ないソムリエナイフを添えてプレゼントすることで喜ばれる確率が高まります。

資格というのはその道の技術をさらに学ぶという意味があるため、よりワインを美味しく楽しむためにソムリエナイフを添えることは一生もののプレゼントとしても喜ばれます。

ソムリエナイフにはハンドルの材質選びから色合いまで様々なバリエーションがあるので、選ぶ方としてもプレゼントをする相手の個性などを考えながら楽しくチョイスすることができます。

本物のソムリエナイフは見るだけでもキレイですよ。

ワインを「歓送迎会」でプレゼントする時におすすめの選び方

ワインを「歓送迎会」でプレゼントする時におすすめの選び方

ソムリエ田中がおすすめする選び方

歓送迎会でワインをプレゼントする時は、個人・集団いずれに対する選び方でもおすすめなのが赤ワインと白ワインを組み合わせた「紅白セット」です。

おすすめ紅白ワインのギフトセット

icon

 Point  選び方のコツ

icon

日本ならではの「お目出たい日」をイメージできるため誰にも喜ばれやすく、ギフトセットなどを選ぶことで金額的にも分かりやすく贈る側も悩むことなくおすすめの選び方になります。

ただしワインの中身にこだわることも重要で、美味しくなければ片手落ち。

一流のワインショップが用意するワインギフトセットを選ぶと高品質な紅白セットを購入できるため、品質管理から販売まで一流といわれるワインショップ選びも大切なポイントになります。

ワインを「結婚祝い」にプレゼントする場合

ワインを「結婚祝い」にプレゼントする場合

ソムリエ田中がおすすめする選び方

✅ ワインを結婚祝いにプレゼントする場合には「きれいなラベル」がおすすめです。2人の気持ちを形にしたラベルデザインのワインを選ぶことで送った側の気持ちも伝わりやすいです。

CH.CALON SEGUR

最高におすすめ➝CH.CALON SEGUR

icon

 Point  選び方のコツ

icon

結婚祝いのワインプレゼントで、もっともポイントになるのが「パッと見てすぐわかる祝福のイメージ」。

これを形にするにはワインラベルのデザインにこだわるのが一目瞭然で、さらに飲んでおいしい味わいも伴っていれば最高に喜ばれるプレゼントになります。

私がもっとも結婚祝いにおすすめのワイン「CH.CALON SEGUR(シャトーカロンセギュール)」はハート形のラベルデザインが大きな特徴で、結婚祝いのプレゼントとしても多くの人に選ばれている銘柄。

フランスでも「結婚祝い用ワイン」として現地の人々に昔から利用されているワインだけに、きっと結婚をする2人も喜んでくれるワインプレゼントになると私は思います。

ワインプレゼントにおすすめの店(ショップ)

ワインプレゼントにおすすめの店

ワインをプレゼントするとき、もっとも気になるのが「品質」ではないでしょうか。ソムリエの私もかなりこだわる部分です。

ワインというのは、開栓してみるまで中の状態がまったくわかりません。

したがって管理システムや選別する技術など、ワインを販売するお店(ワインショップ)における管理体制やノウハウに頼るしか方法はありません。

プレゼント用ワインを、通販サイトで購入する場合は要注意。

通販ワインショップの中には”ずさん”な管理体制の店舗も多くあるため、しっかりとした信頼のおけるワイン店舗選びが失敗しないプレゼント用ワインを選ぶ重要なポイントになります。

Amazon

ワインショップを見抜く眼を持っていればAmazon(アマゾン)や楽天といった通販店舗で購入するのもおすすめですが、ショップ選びに慣れていない場合は超危険。私たちプロソムリエでも気を抜くとキャッチコピーにやられそうになるほど。

そこでもし通販ショップでプレゼント用ワインを選ぶのであれば、まずはその店舗が「実績のあるワインショップ」であることをチェックする作業がとても大切になります。

現存する(実際に店舗を構えている)ワインショップであればひとまず安心。

しっかりと品質管理されプレゼントしても間違いのない信頼店をいくつかピックアップして、さらにプレゼント用包装などの有無も確かめた上で慎重にワインショップを選ぶようになさってみてください。

【ソムリエが選ぶ】ワインショップおすすめ通販ベスト3!

【ソムリエが選ぶ】ワインショップおすすめ通販ベスト3!
ソムリエが「ワインショップおすすめ通販」をベスト3にして詳しくご紹介します。また通販でおすすめのワインショップを選ぶポイントなども参考になさってみてください。

まとめ

ワインのプレゼントにおすすめの選び方として、女性、男性、歓送迎会など場面から選ぶおすすめの方法をご紹介しました。

ワインをプレゼントするときに、もっとも重視したいのが「ワイン慣れ」です。

ワインにまったく慣れていない初心者の女性に、渋みの強いフルボディ赤ワインなどをプレゼントしても美味しいと感じず本質ではあまり喜ばれないため効果は半減してしまいます。

したがってプレゼントをする相手が「どれくらいワインを飲んでいるか?」「ワインに慣れているか?」をまずはしっかりと探り、その上でベストな選択をすることがとても重要なコツになります。

ぜひ心から喜ばれるワインのプレゼントになるよう、ご紹介した場面ごとのおすすめポイントを押さえてチョイスしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました