ソムリエ厳選!ロマネコンティの味に「似たワイン」おすすめ3選

ソムリエ厳選!ロマネコンティの味に「似たワイン」おすすめ3選ワインあれこれ
ソムリエ田中

こんにちは現役ソムリエ田中です。今回はロマネコンティ似たワインとしておすすめ3選をご紹介します。

赤ワインの王様ロマネコンティといえば、その価格もトップクラス。

私も含めて一般庶民にはとても手の出せない「めっちゃ高い値段」が特徴で、一度は飲んでみたいけど1杯10万円以上!なんて言われたら手が出せないですよね。

そこで私のような庶民でも高クオリティの雰囲気に浸れるような、ロマネコンティに似たワインを厳選してピックアップしてみました。

  • ロマネコンティと似た味わいの赤ワインを探している。
  • ロマネコンティの雰囲気を感じたい。

そんな方へ、ぜひ憧れのロマネコンティと似た味を堪能してみください。

ロマネコンティの味に「似たワイン」おすすめ3選

ロマネコンティの味に「似たワイン」おすすめ3選

ソムリエ田中

次の項目「ロマネコンティと似たワインの選び方」でくわしく解説しますが、ロマネコンティに似たワインを探すには3つのポイントがあります。

  1. 近い畑で生産される
    ➝ロマネコンティにもっとも味が近いワイン
  2. フランスとカリフォルニアのトップが生産
    ➝そこそこロマネコンティの味をイメージできる
  3. 同じ地方で生産される
    ➝ロマネコンティの雰囲気は十分に楽しめる

つまり「ロマネコンティの要素が濃いほど味も近い」ということ。

当然ながら価格も少しずつ安くなっていきますので、ご自分の予算などと合わせてお考えになってみてはいかがでしょうか。

おすすめ①ロマネコンティにもっとも味が近いワイン

「ヴォーヌロマネ」

ヴォーヌ・ロマネ

購入はこちら
(私がおすすめのエノテカへ飛びます)

ヴォーヌ・ロマネ (VOSNEROMANEE) / 赤ワイン 750ml

ソムリエ田中

まず「近い畑」で生産される、価格は安いけどロマネコンティの味を限りなく再現しているおすすめ赤ワインをご紹介します。もっとも「ロマネコンティに似た味」のワインです。

この「ヴォーヌロマネ」という赤ワインは名前からも分かるように、ロマネコンティの弟分ともいえる存在で価格は安いですがしっかりと似た味を堪能できるワインです。

ヴォーヌロマネの生産者はいろいろ存在しますが、その中でもロマネコンティの味に限りなく近いワインを作るのが「ブルゴーニュの神様アンリ・ジャイエ氏」真の後継者が手掛けるこのヴォーヌロマネ。

よくロマネコンティの味を「ビロードのように滑らかで官能的な味わい」と表現されますが、まさに100万円以上するロマネコンティの味に近づくよう忠実に再現しているおすすめの赤ワインです。

おすすめ②そこそこロマネコンティの味をイメージできる

「オーパスワン」

オーパスワン

購入はこちら
(私がおすすめのエノテカへ飛びます)

オーパス・ワン (OPUSONE) / 赤ワイン 750ml

ソムリエ田中

つぎにロマネコンティの味をそこそこイメージできる「フランスとカリフォルニアのトップ」が手掛けてる赤ワインをご紹介します。

知る人ぞ知るカリフォルニア州を代表する生産者ロバート・モンダヴィと、フランスの格付けワインを生産するバロン・フィリップ・ロートシルトによって共同開発したワインがこの「オーパスワン」です。

フランス最高峰のワイン生産者によってロマネコンティの味を追求した技術に加え、さらにロバート・モンダヴィが徹底的に仕上げることでブドウ品種は違えど味の雰囲気はかなり似たものがあるワインとなっています。

トップクラスの味わいという共通点から、ロマネコンティの味を想像するにふさわしい赤ワインです。

おすすめ③ロマネコンティの味や雰囲気を十分に楽しめる

「ブルゴーニュ・ピノ・ノワール」 

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール

購入はこちら
(私がおすすめのエノテカへ飛びます)

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール (BOURGOGNEPINOTNOIR) / 赤ワイン 750ml

ソムリエ田中

最後にロマネコンティと同じブドウ品種を使って「同じ地域」で生産され雰囲気を楽しめる赤ワインをご紹介します。

そもそもロマネコンティは「ブルゴーニュ地方の赤ワイン」が始まりで、ここからブドウ栽培技術やワインに適した土壌などにより洗練、いまの地位を築くこととなりました。

したがってこの「ブルゴーニュ・ピノノワール」という赤ワインはロマネコンティの原点とのいえる味わいで、同じブドウ品種なのはもとより基本的な土壌なども変わらないためロマネコンティの雰囲気を楽しむにはピッタリのワインです。

また逆にいえばこのワインからスタートしてランクを上げていき、最終的な目標(夢)としてロマネコンティを定めるというのもロマンがあっていいじゃないですか。

ロマネコンティと似たワインの選び方

ロマネコンティと似たワインの選び方

ソムリエ田中

ロマネコンティ(Romanee-Conti)と似たワインを探すには、先ほども少しお話ししたようなポイントから探ることで見つかります。

  1. 近い畑で生産される
  2. フランスとカリフォルニアのトップが生産
  3. 同じ地方で生産される

この3つのポイントを詳しく解説します。

近い畑で生産される

近い畑で生産される

ソムリエ田中

ロマネコンティの原料となるブドウ畑は約1.8haほどの面積で、そのエリアは「奇跡の土壌」といわれるほど最高峰ワインを生み出すブドウ栽培に適しています。

ただしブドウ畑はその周りにもたくさん存在し、基本的に同じ土壌成分をもつ畑として高品質なワインを生み出しているのも事実。先ほどご紹介した「ヴォーヌロマネ」などはまさにそのブドウ畑から造られた赤ワインになります。

したがってこの「ロマネコンティ畑の隣」という畑から作られる赤ワインは、限りなくロマネコンティと似た味のワインになります。

フランスとカリフォルニアのトップが生産

フランスとカリフォルニアのトップが生産

ソムリエ田中

トップクラスのワイン生産者はそれなりの高い技術を持っており、さらにコラボすることでよりロマネコンティのもつ「ハイレベルな味わい」に近づきます。

ロマネコンティの味を忠実に再現するというよりも、特級クラスのワインに通じる「高級な味」を再現することができるためかなり近い雰囲気を楽しむことができます。

長期熟成が必要なヴィンテージワインというのは「熟成による共通した味わい」があり、ロマネコンティのもつビロードのような滑らかさを体験するには過不足ない味わい。

したがってトップクラスの生産者が、さらにコラボすることでロマネコンティの雰囲気をしっかりと楽しむことのできる赤ワインとなります。

同じ地方で生産される

同じ地方で生産される

ソムリエ田中

ロマネコンティのブドウ品種「ピノノワール種」を使って、同じ地域の土壌により生産されることで似たような味わいを楽しめます。

ロマネコンティの生産地はフランスブルゴーニュ地方。同じ地方で生産されることにより、ロマネコンティと似た味わいの赤ワインが生まれます。

同じブドウを使って同じ地域で生産されているのにワインの価格が違うのは、最も大きな理由が「土壌中の成分」、つぎに「生産技術」があります。元をただせばロマネコンティと同じブドウ品種です。

したがってロマネコンティと同じブドウ品種、同じブルゴーニュ地方の気候で作られることにより、醸造されるワインも基本的には似た味わいとなります。

まとめ

ソムリエ田中

今回は「ロマネコンティと似た味のワイン」について、赤ワインおすすめ3選のご紹介と選び方を解説してきました。

ロマネコンティといえば値段が高いというのが相場で、決して安い価格で楽しむことのできないフランスを代表する超高級赤ワインです。

しかし少し観点をズラして考えることで、ロマネコンティと似た味わいの赤ワイン、また同じ雰囲気や特徴を楽しめる赤ワインを見つけることができます。

ロマネコンティと全く同じ味とはいきませんが、一生のうちに一度は飲んでみたい憧れの味わいに、限りなく近い体験を期待できる選び方になると思います。

ぜひロマネコンティと似た味わいの赤ワイン、試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました